神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 21日

アントワン・タメスティ+ヘンリク・シェーファー指揮 日本センチュリー交響楽団

シューマン   ゲノヴェーヴァ 序曲
ヒンデミット   白鳥を焼く男
アンコール
ヒンデミット   ヴィオラ・ソナタ Op.25-1 第4楽章
J.S.バッハ   チェロ組曲 第3番 プレリュード

シューマン   交響曲 第3番

タメスティの白鳥を焼く男が目当てで行ったのですが、
期待以上のもう圧倒的な演奏でした。
関西ではリサイタルないんだ~と残念に思っていたけど
白鳥のあまりの素晴しさにまずは大満足です。

巧い、というのはこういう演奏のことを指すのでなくては。
しかしなんとハードルの高いこと!
ソロの無い所では怖いくらいの表情でオーケストラの方を
見つめていましたね、それだけでもすごい迫力でした。

楽しみにしていたハープとのデュオの所に来たら、
にわかに前後左右の観客がゴソゴソとし出したのには参ったが、
多分邦題で得をしているだろうこの曲の持つさまざまな魅力を、
かわいらしさから超絶技巧まで完璧に再現してくれました。
指揮、センチュリーも良かったです。シューマンも楽しめました。

タメスティさんもスリムで颯爽としていて写真のままの方でした。
真紅の裏地の立ち襟のジャケットはパリ管の制服?じゃないですよね。
あのアンコールを聴いたら、オールヒンデミットプロしてほしい。
これから行われるリサイタルもきっと素晴しいことでしょう!
c0188696_2338191.jpg

大阪福島 ザ・シンフォニーホール
[PR]

by aliana-up | 2013-11-21 23:48 | コンサート


<< ヒラリー・ハーン+アンドリス・...      ジャン=ギアン・ケラス チェロ... >>