神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 16日

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ブーレーズ   ノタシオン~Ⅰ・Ⅶ・Ⅳ・Ⅲ・Ⅱ

ブルックナー  交響曲 第7番

先週からパーヴォ・マジックにかかって頭の中がまだオルガン状態ですが、
もうこの日がやって来ました。パリ管とは全く違って満員です。

ブーレーズ、ハープ3本をはじめ所狭しと並んだ打楽器群は壮観で、
後半のブルックナーの舞台がさびしく見えるほど。
初めて聴いたが、あちらこちらから音が立ち昇ってくるのが立体的に見えて、
最後になっていた曲は迫力も満点で大変楽しめました。
再聴したい曲だけど、これだけの条件で聴こうと思ったら今週ベルリンフィルに
ついて行かないとだめですね。もう売り切れかな?
家で録音とか聴いてもあまり良さが伝わらなさそうです。

ブルックナーもとてもよかった。
あのティンパニの長いトレモロは片手から始めるんですね、知りませんでした。
ブーレーズの時に変なフライング拍手等がなかったのは曲を知らないからで、
ブルックナーの最後ではまたぶち壊しにされるんだろうなーと思っていたら、
なんと、奇跡的な瞬間が訪れました。
ブルックナーの音が束になってダーッと天に昇って行き、後には静寂が。
そのあまりの美しさと妙なぶち壊しがなかった安堵感とで涙が出てきました。
こんなとこでなんですが今後とも是非こういう感じでお願いします。
c0188696_10284776.jpg

ヴィオラのお相撲さんのような人や、トロンボーンのヤンキー風の人など、
面白いのでつい目が行ってしまいます。
お二人とも帰りに館外ですれ違いましたが、巨大でした。

西宮北口 兵庫県立芸術文化センター
[PR]

by aliana-up | 2013-11-16 23:35 | コンサート


<< ジャン=ギアン・ケラス チェロ...      ジャン=フレデリック・ヌーブル... >>