神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 03日

ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ+パーヴォ・ヤルヴィ指揮 パリ管弦楽団

ドビュッシー   牧神の午後への前奏曲
ラヴェル     左手のための協奏曲
アンコール
ショパン     ポロネーズ第6番

プロコフィエフ  交響曲第5番
アンコール
ビゼー      子供の遊び ギャロップ
          カルメン 前奏曲

ヌーブルジェはクールな二枚目かと思っていたら、
会場で売られているCDには意表をついた眼鏡の顔が。
まあいわれてみればクール写真も目が悪そうですね。
ワサワサとした歩き方もイメージと違いましたが、
強靭な左手、パワフルなラヴェルで大満足です。
こんな演奏でこの「左手」を聴ける機会もそうはないのでは。
その上英雄ポロネーズとは!
1日だけのオーケストラの休みの日にリサイタルという
ツアーのスケジュールもすごすぎます。

指揮・オーケストラもどの曲も本当に素晴しかった。
柔らかな木管が夢のようなドビュッシー、
珍しくタクトが下りるまで静かで良かったです。
ラヴェルは地の底からコントラバス、コントラファゴットがわいてきて
ピアノが出てくるまでの盛り上げにはドキドキさせられた。
プロコフィエフは最高でした。フィナーレの巻き!もう耐えられません。

ただ、西宮でこんなにお客さんの入りが悪かったのは、
私の知る限り今回が初めてです。
ベルリンフィルだって2週もあとだし、やはり曲目のせいか?
でもこのプロ5が敬遠されたのだとしたらなんともったいない。
もうこれ以上は望めないくらいの夢のプログラムだと思うが。
このプログラムを持って来てくれて感謝していますし、
丸々もう一回聴きたい、明日もパリ管について行きたいぐらいだ。
次はもうないというような事がありませんように。
c0188696_1412511.jpg

西宮北口 兵庫県立芸術文化センター

by aliana-up | 2013-11-03 23:03 | コンサート


<< ジャン=フレデリック・ヌーブル...      ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル >>