神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 11日

アレクセイ・ゲルマン監督 『道中の点検』(1971)

シネ・ヌーヴォのロシア映画特集、今回はゲルマン作品はこれ一本ですが、観ることができて良かったです。

ロラン・ブイコフ、ウラジーミル・ザマンスキーの演技が厚みがあり、人間味あふれる作品になっています。
制服姿で任務に就く「同志の」女性達も可憐だし。
ニコライ・ブルリャーエフがここでもちゃらちゃらした若者を演じていて、もはやこれは地なのかと思わせられるほどです。

お客さんの入りも良くて、上映作品に負けず劣らず客席の雰囲気も重厚であった事を付け加えておきます。
c0188696_22241452.jpg

九条 シネ・ヌーヴォ
[PR]

by aliana-up | 2012-06-11 21:43 | 映画


<< ラリーサ・シェピチコ監督 『処...      シュツットガルト・バレエ ジョ... >>