神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 09日

シュツットガルト・バレエ ジョン・クランコ振付 『じゃじゃ馬馴らし』

キャタリーナ   カーチャ・ヴュンシュ
ペトルーチオ   ジェイソン・レイリー

前回2008年12月のシュツットガルト・バレエ来日公演に心動かされ、このブログを始めました。
その日終演後お店に入って余韻に浸っていると、偶然そこへやって来たのがカーチャ・ヴュンシュで、
今回その彼女が主役を踊るのを観られるとは、時間が一回りしたようです。
ヴュンシュのキャタリーナはその風貌のせいか可憐なじゃじゃ馬といった趣で、
包容力を感じさせるレイリーとのペアはよく似合っていましたね。

主役のパ・ド・ドゥに加えて、1幕と2幕でヒョ=ジュン・カンとウィリアム・ムーアが踊ったパ・ド・ドゥにも
心打たれました。これらの場面での音楽の力もすごかったです。
D.スカルラッティ/シュトルツェによる曲は変拍子に次ぐ変拍子でオーケストラも大変だったのでは?
ウォルフガング・ハインツ指揮大阪交響楽団、大健闘でした。

この演目を西宮に持って来てくれて嬉しいし、お客さんがちゃんと入っているのもすばらしい。
理由は色々あるだろうけれどもそのうちどれが欠けてもこういうものは成り立たないし、有難いことです。
c0188696_005045.jpg

西宮北口 兵庫県立芸術文化センター
[PR]

by aliana-up | 2012-06-09 23:59 | ダンス


<< アレクセイ・ゲルマン監督 『道...      アキ・カウリスマキ監督 『ル・... >>