神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 25日

イモージェン・クーパー ピアノ・リサイタル

シューベルト   3つのピアノ曲 D946
ベートーヴェン  ピアノ・ソナタ第17番

ブラームス    主題と変奏 Op.18-Ⅱによる
シューベルト   ピアノ・ソナタ D958

アンコール 
シューベルト   アレグレット D915

イギリス人らしいしっかりとした骨格から生み出される思い切った打鍵。
ガッチリと前腕でホールドされた、中味のつまった響きが印象的です。

そもそも開場時間が遅れていたし、シューベルトのD946では2曲目の後で
拍手が起こりかけたのをクーパー氏が制止しつつ3曲目に突入したりと、
いまひとつ調子が上がらなかったのかもわかりませんが、全般を通して
コントロールを失う場面が多く、聴いていてハラハラさせられました。

またベストな状態の時に、シューベルトの世界を堪能してみたいです。
アンコールの終わりには心にしみるものがありました。
c0188696_21413156.jpg

大阪城公園 いずみホール
[PR]

by aliana-up | 2011-10-25 23:48 | コンサート


<< シルヴィ・ギエム  HOPE ...      フランソワ・トリュフォー監督 ... >>