神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 13日

アルノー・デプレシャン監督 『クリスマス・ストーリー』(2008)

ドタバタの中にたくさんの苦さがあり、それでいて後味はすっきりとしている。
良い映画だと思います。
ジャン=ポール・ルシヨン、エマニュエル・ドゥヴォス、サミール・ゲスミ等が演じる、
かたわらで家族を見守る人々のまなざしが心に残りました。

登場人物は熱いが、間に写し出される監督の故郷ルーベの風景は実に寒々しい。
コンピエーニュから自転車選手達が石畳をもうもうと土煙を立ててやって来たら、もう春ですね。
c0188696_21254477.jpg

新開地 KAVC
[PR]

by aliana-up | 2011-02-13 23:04 | 映画


<< レイフ・オヴェ・アンスネス ピ...      ペドロ・コスタ監督 『あなたの... >>