神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 15日

ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル

ヤナーチェク   霧の中で
ベートーヴェン  ピアノ・ソナタ第23番
シューベルト   ピアノ・ソナタD960
アンコール
シューベルト   ピアノ・ソナタD664 第2楽章

本調子ではあられなかったのか、ベートーヴェンとシューベルトで
意外なほどミスタッチが散見されました、が、それでも!
ルプー氏の、そしてシューベルトの音楽の本質を、
其処此処に聴くことができました。

このシューベルトは、実際いつまでも終わらないような曲でもありますが、
今回は、特に2楽章など、本当に終わってほしくなかったです。
世のピアノ曲にも色々ありすぎる中で、シューベルトのこういう作品は、
ある意味、最高峰の音楽であるとしみじみ感じました。

ヤナーチェクでは、素晴しい集中力でした。
私は以前の来日での「1.X.1905」を聴くことができず、ずっと残念に思ってきました。
両方聴かれる幸運な方もいらっしゃるのでしょう。
c0188696_22114381.jpg

追記
この後、体調不良のため、日本での残りの全公演がキャンセルされたということです。
そこまで状態が悪い中でのアンコールだったのですね。
最後に客席に向かって軽く腕を広げて応えておられた姿が目に焼きついています。

北山 京都コンサートホール
[PR]

by aliana-up | 2010-10-15 22:19 | コンサート


<< マウリツィオ・ポリーニ ピアノ...      クリスチャン・ツィメルマン+ハ... >>