神戸ビリケンシネクラブ

alianaup.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 15日

ジャック・ロジエ監督 『アデュー・フィリピーヌ』(1962)

連日の猛暑の中、ある日、ふとその勢いに翳りを感じた時に
すごく気持ちが落ち込む、と言っていた人がありました。
この映画にもそれに通じるものがあると思います。
要するに老い、あるいは成熟。
c0188696_2252569.jpg

コルシカの陽光が陰影を際立たせています。

新開地 KAVC
[PR]

by aliana-up | 2010-08-15 22:58 | 映画


<< クリスチャン・ツィメルマン+ハ...      ジャック・タチ監督 『のんき大... >>