2014年 07月 06日

その他の2014年5・6月

c0188696_22111233.jpg
5月23日 ヴィオラスペース2014大阪 ザ・フェニックスホール
パーセル/G.タメスティ ファンタジア~第9、10、11、12番
ジンバリスト/プリムローズ サラサーテアーナ~タンゴ、ポロ、マラゲーニャ
A.ベンジャミン/プリムローズ ジャマイカ・ルンバ
フォーレ/ターティス 悲歌、夢のあとに
ブリッジ 2本のヴァイオリンとヴィオラのための狂詩曲
ヴォーン=ウィリアムズ グリーンスリーヴズによる幻想曲
ブリテン ラクリメ ダウランドの投影
クラーク ヴィオラソナタ

今井信子 アントワン・タメスティ 牧野葵美 ヴィオラ
小栗まち絵 大岡仁 ヴァイオリン
芝内あかね チェロ
有吉亮治 ピアノ
タメスティが半年ぶりの来日。膨張していく人が多い中、しなやかな筋肉がすばらしい。あの素敵な靴はどこで買えるんだろうか。
曲目はヴィオラスペースでなければ聴けないラインナップで、中でも印象的だったのは「ブリテンの先生」ことブリッジの作品。
作曲家フランク・ブリッジの才能が炸裂、すさまじい美しさに圧倒された。
ピアニスト有吉亮治氏は様々なスタイルの作品を一手に引き受けてどれも充実、すごい実力派だった。


5月28日 ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル 兵庫県立芸術文化センター
シューベルト ピアノ・ソナタ D537
               D664
J.S.バッハ イギリス組曲 第3番
スクリャービン 24の前奏曲
アンコール スクリャービン エチュードop2-1
いまどきこんなに嫌そうに出てくる演奏家っている?まあ自由だけどやっぱり違和感がある。
演奏は弱音の中で繰り広げられる音々の対比の正確さ、その超絶技巧でもって奏でられるシューベルトD664の2楽章は時間が止まったよう。
スクリャービンでは客席の執拗な咳が最後まで止まず、プレトニョフは驚きながらも演奏を続けてくれたが、集中して聴くことは難しかった。
また先月中止になってしまったアンスネス共々、このクラスのピアニストで4千~千円という価格設定であっても売れ行きがいいとは言えない。


6月14日 フランチェスコ・トリスターノ ピアノ・リサイタル 兵庫県立芸術文化センター小ホール
トリスターノ ハロー
J.S.バッハ フランス組曲 第2番
     /エミール・ナウモフ  コラール おお、人よ、汝の大いなる罪を嘆け BWV622
      フランス組曲 第4番
      トッカータ BWV914
      フランス組曲 第6番
             第1番
トリスターノ ラ・フランシスカーナ
アンコール トリスターノ バルセロナ・トリステ、ストラヴィンスキー タンゴ
自作もあるということでアレだったら嫌だなと思っていたが、大変演奏力があるピアニストで演劇的に場を統制する仕方も堂に入っている。
小ホールは客席の集中力もなかなかのものなので、良い演奏会となった。
ピアノからチェンバロの音、オルガンの音を自在に引き出し、強力でパワフルな打鍵もあり。自由なバッハもとても上手くて楽しめた。
御本人はクラシックのピアニストではありません、ということなのかな。フツーのピアノ曲をフツーに弾いてくれるのが一番いいのだけど。


6月19日 エリック・ル・サージュ+パスカル・ヴェロ指揮 日本センチュリー交響楽団 ザ・シンフォニーホール
フォーレ マスクとベルガマスク~パヴァーヌ、パストラル、メヌエット、ガヴォット、序曲
ラヴェル ピアノ協奏曲
アンコール シューマン ダヴィッド同盟舞曲集~第14曲
フランク 交響曲
仙台でのプーランクのリタニを大阪でもしてほしいヴェロが登場、フォーレは曲順も変えて凝っている。
この後で都響を聴いたが、本日のコンサートマスターも矢部達哉氏だった。
楽しみにしていたラヴェルはオーケストラもなかなかノーミスとはいかないが、あの素晴しい2楽章での
ル・サージュのオブリガートに乗って奏でられるコールアングレが美しかった。


6月26日 イザベル・ファウスト+アレクサンドル・メルニコフ 東京芸術劇場
モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ K.305
シューベルト 幻想曲 D934
シューマン 3つのロマンス
ブラームス ヴァイオリン・ソナタ 第3番
アンコール F.A.E.ソナタ~第2,3楽章
ホールは大き過ぎるし席もステージから遠すぎたか、それにしても印象がうすい。何だか伝わってくるものがなかった。
開演直前に舞台上にバラ撒かれるチラシ、終演後には客席からのプレゼント等会場の雰囲気も非常に良くなかった。


6月29日 大野和士指揮 フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団、合唱団 フェスティバルホール
ルーセル バッカスとアリアーヌ 第2組曲
ラヴェル ラ・ヴァルス
     ダフニスとクロエ
アンコール フォーレ ペレアストメリザンド~シシリエンヌ、ビゼー アルルの女~ファランドール
フェスティバルホールにダフニスとクロエの夜明けが見事に立ち昇った。まるで目に見えるよう。
こんな大きな音楽をしようと思ったらこれだけの空間が要ることを実感。
光が感じられる演奏、すばらしい、まさに夜明けだった。

[PR]

# by aliana-up | 2014-07-06 21:26 | コンサート | Comments(2)
2014年 06月 28日

ピョートル・アンデルシェフスキ+ヤクブ・フルシャ指揮 東京都交響楽団

c0188696_21381518.jpg
6月24日 サントリーホール
6月25日 東京芸術劇場

オネゲル 交響的楽章第1番 パシフィック231
バルトーク ピアノ協奏曲第3番
アンコール
バルトーク 3つのハンガリー民謡
J.S.バッハ フランス組曲第5番~サラバンド(24日)
      パルティータ第1番~サラバンド(25日)

ストラヴィンスキー バレエ音楽 春の祭典

いずみホールでのファウスト+メルニコフのブラームスプロと日が重なってしまったけれど、今回はアンデルシェフスキに賭けました。
西宮で高周波音を浴びながらアンコールしてくれたシューマン(正直始まったときはもう限界だと思った)が胸に刺さったまま1年7か月、
この日を待ってた、何といっても曲目がバルトークだし、あの2楽章をアンデルシェフスキで聴けるなんて!

過剰な期待をも上回る素晴しさでしたがこの良さを何と言ったらいいのか、まあ好きな演奏家は皆そうだけどアンデルシェフスキの場合は特に。
もったいぶったところの全く無い、肩の力が抜けて油も抜けた感じのピアニストに倣って、印象が強いうちにちょっとでも書いてみます。
あの恐ろしいようなpppは健在な一方、3楽章でティンパニが引き継ぐ所でのbarbarieは壮絶でここまでやるのかと。
女性にピアノが鳴らせないとは思いませんが、こういうところはやはり男性ならではですね。
また2楽章の前半のピークから降りてきて左手のアルペジオまでのゆるやかにほどけゆくさまは、これほど悲しいのは今まで聴いた事がありません。

芸劇ではアラが目につき、昨日の方が良かったな~と自分の中ではちょっと盛り下がってしまったが、サントリーでの席が良すぎたのでしょう。
それでも視覚的にはベストポジションで、2楽章冒頭のピアノが入るまでの弦楽合奏の部分を目を閉じてじっと聴き入っておられる姿を見た時、
自分たちも今一緒に同じものを聴いているのだという事が大変幸福に感じられました。

2月はまた東京だけなのでしょうか、もう今年度の予定どこのホールも出ているだろうし、やはりあの高周波音がいけなかったのか...

国立新美術館のバレエ・リュス展はタイミング良く「春の祭典」つながりで、といってもハルサイの衣装は今回は来ていませんが。
「ダフニスとクロエ」の海賊の衣装は袖付けがなくキモノのよう。大阪に帰ったらダフクロが待っています。


[PR]

# by aliana-up | 2014-06-28 21:41 | コンサート | Comments(0)
2014年 05月 05日

2014年4月のまとめ

c0188696_22485103.jpg
4月13日 ギドン・クレーメル+デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 フェスティバルホール
ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲
アンコール ペレシス ヴィオラのための24のカプリス~5番
ブラームス 交響曲第1番
アンコール ブラームス ハンガリー舞曲第1番
A新聞によると、本日のカデンツァにはベートーヴェン自身によるピアノ協奏曲版のカデンツァを編曲したものが用いられるとの事で、
オリジナルのティンパニはそのままに、ピアノがジャンジャカ弾く所を木管重奏とバンダのバスドラムに置き換えたような感じだった。
たしかにヴァイオリン協奏曲のカデンツァとして演奏する場合はピアノを使用しないほうがいいかも。
ただ肝心の演奏はヴァイオリンソロの出だしから音程が悪いのが気になって結局最後まであまり集中できなかった。
クレーメルってこんなんだった?意外なところでがっかりコンサートか、と思われたがブラームスの方は良かった。


4月24日 モイツァ・エルトマン+グザヴィエ・ドゥ・メストレ 兵庫県立芸術文化センター
シューマン 献呈 蓮の花 レクイエム
モーツァルト すみれ 夕べの想い 静けさがほほえみながら
       ピアノ・ソナタ K.545
メンデルスゾーン 初すみれ ズライカ 月 歌の翼に 春の歌
R.シュトラウス ときめく心 サフラン ああ恋人よ、ぼくは今お別れしなければならない 子守歌 星 明日 セレナーデ
フォーレ 即興曲op.86
ベッリーニ カプレーティとモンテッキ~ああ幾度か
プッチーニ ジャンニ・スキッキ~私のいとしいお父様
アンコール R.シュトラウス ひどい天気   シューベルト 万霊節の連祷
R.シュトラウスはまだしもモーツァルトのピアノパートを音が残っていくハープで演奏するのはちょっと無理矢理なふうに感じた。
本日のプログラム中で唯一ハープのために書かれたフォーレの即興曲op.86では、当然ながらピアノからの編曲ものとは全然違って、
メストレの身体がうなりをあげる、男性にしか弾けないパワフルなハープに引き込まれた。
モーツァルトのピアノ・ソナタの楽章間も含め全ての曲間に拍手が入る演奏会となったが、
メンデルスゾーンのズライカの途中でも拍手が起こったのは予想外だった。


4月26日 タベア・ツィンマーマン 無伴奏ヴィオラ・リサイタル 兵庫県立芸術文化センター小ホール
レーガー ヴィオラ組曲第1番
J.S.バッハ ヴァイオリン・ソナタ第1番
      チェロ組曲第3番   
ヒンデミット ヴィオラ・ソナタop.25-1
アンコール ヴュータン カプリッチョ
アンサンブルの中でヴィオラが見え隠れするのが好きだが、今日のような機会はめったにあるものでない。
バッハ、レーガー、ヒンデミットとそれぞれの仕事を敬愛し受け継いできた作曲家達の系譜に沿ったプログラムもずっしりと重みがある。
始めにレーガーの素朴な歌が歌われ、元歌のヴァイオリン・ソナタ。後半は一転して開放感あふれる豪快なチェロ組曲に、最後はやっぱり
ヴィオラの名手がヴィオラのために書いたヒンデミット。これは弟子に当たるタメスティも昨秋大阪でアンコールに取り上げてくれていた。
ツィンマーマンは貫禄たっぷりで余裕の演奏、教授としても長いキャリアや人柄から来るのであろう、人間の大きさといったものを感じる。
こんなすごいリサイタルが企画されてちゃんと完売になり、聴けて本当に有難い。秋のアルカント・カルテットも楽しみにしている。


4月29日 ジェラール・コセ+オーギュスタン・デュメイ指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団 ザ・シンフォニーホール
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
フォーレ ペレアスとメリザンド組曲
ベルリオーズ イタリアのハロルド
アンコール J.S.バッハ チェロ組曲第2番~前奏曲(コセ)、ビゼー アルルの女~アダージェット
曲目もソリストも申し分ない今回、ずっと聴きたかったデュメイの関フィルにやっと来ることができた。
ロルティの時なども気になっていたが、もっと早く来れば良かったと思わせられた味わい深い演奏だった。
これ見よがしな所の全くない上品な大人の音楽、アンコールがまた美しくも悲しく数日経っても後を引く。
デュメイはソロも取る時がとりわけすばらしいそうなので、次回は是非。

[PR]

# by aliana-up | 2014-05-05 23:48 | コンサート | Comments(0)
2014年 03月 20日

2014年3月のまとめ

3月3日 マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル いずみホール
シューベルト 4つの即興曲 Op.90
ドビュッシー ピアノのために
シューベルト ピアノ・ソナタ D960
アンコール シューマン 予言の鳥
即興曲第1曲は心に染み入る演奏。ソナタもピリスならではの世界が展開されていたのに、
4楽章にまさに入らんとした所での電子音ピッピッピッはあまりにひどいタイミングだった。
アンコール、そういえばティチアーティとの協奏曲は名古屋だけシューマンだったからか。


3月9日 コルンゴルト作曲 歌劇 死の都 沼尻竜典指揮 京響 びわ湖ホール
一度見たら忘れられないペーター・カーンとイングリット・カーフェンの二重唱シーンから何十年、
関西に居ながらにして舞台上演で観られる日が来るとは! と思い入れたっぷりに前のめりで行ったが
期待にたがわぬ気合いの入った公演だった。
パウル役山本康寛はカヴァーキャストとの事だが最後にあの二重唱の旋律がもう一度歌われる所が
説得力をを持って迫って来て私は心打たれた。とても立派だったと思う。
フランク役黒田博、ブリギッタ役池田香織も気品が感じられて良かった。


3月12日 アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル いずみホール 調律ロッコ・チケッラ
ベートーヴェン 6つのバガテル op.126
        ピアノ・ソナタ 第32番 
        ディアベッリのワルツによる33の変奏曲
アンコール J.S.バッハ ゴルトベルク変奏曲アリア、ベートーヴェン 月光全楽章
奏者が最初の一音を出すまでの(これが意外と無い)、また最後の響きが消えてゆくのを見届ける、
これほどにまで完全な静寂を私は演奏会場で今まで経験したことがない。シフ、すごいピアニスト。
アンコールも大サービスだけどプログラム自体が十分に素晴らしいので無しでもいいくらい大満足。


3月14日 ネルソン・フレイレ+尾高忠明指揮 大フィル ザ・シンフォニーホール
ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第5番 
アンコール グルック 精霊の踊り
シベリウス 交響曲 第1番
俺ってカッコイイ的な演奏とは正反対のベートーヴェン、皇帝はこんなにも品のある音楽になり得る。
昨秋R・カプソンも西宮でアンコールにとりあげたグルックはまさに精霊、この世のものでないよう。
フレイレが目当てで来たけれどシベリウス1番を実演で聴けるのも楽しみで、こちらも良かった。
尾高さんの指揮でシベリウス、ツィクルスで聴いてみたい。


3月15日 アリス=紗良・オット+ヴァシリー・ペトレンコ指揮 オスロ・フィル 兵庫芸文
ニールセン 仮面舞踏会 序曲
グリーグ ピアノ協奏曲
アンコール リスト ラ・カンパネラ
ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番
アンコール ショスタコーヴィチ タヒチ・トロット、ブラームス ハンガリー舞曲 第6番
昨秋のバーミンガム的がっかりな演奏会だった。
ソリストが良くなかったぶん、ショスタコーヴィチはオスロがんばっていたかな。
ペトレンコやネルソンスをもってしてもオーケストラを引っ張り上げるのは並大抵なことではない。


3月19日 五嶋みどり+リッカルド・シャイー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス フェスティバルH
メンデルスゾーン 序曲 ルイ・ブラス
         ヴァイオリン協奏曲
アンコール J.S.バッハ 無伴奏ソナタ第3番 ラルゴ
ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番
さ・す・が。3曲ともいい。
とんでもなく深い所へスーッと入っていってしまうすごいソリスト、あのカデンツァ聴いた?
ただ毎回拍手は早すぎで余韻も何もあったものではない。
にせシャイーの登場、わら半紙ふうの京都公演のチラシは笑える。
この上まだこれからマーラーが聴けるなんて! (つづく)


3月22日 リッカルド・シャイー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス 京都コンサートホール
マーラー 交響曲 第7番
怒涛の3月を締めくくるのにふさわしい超ド級艦登場といった感じの演奏会だった。
録音では変な曲が実演だと一つ一つ生きてくるのがわかり、この場に居られて幸せ。
客席は結構ガラガラだったが今この7番を、また関西にまで持ってきてくれて本当に良かった。


これで私の今月は終わりだが、新国の方の死の都、パリオペ椿姫も気になった。
また仙台のプーランク、ロカマドゥールはどうだったんだろうか。
ルガンスキー+広上、京響はテレビで見ます。

                   
[PR]

# by aliana-up | 2014-03-20 21:47 | コンサート | Comments(0)
2013年 11月 24日

ヒラリー・ハーン+アンドリス・ネルソンス指揮 バーミンガム市交響楽団

ワーグナー   ローエングリン 第1幕への前奏曲
シベリウス   ヴァイオリン協奏曲
アンコール
J.S.バッハ   パルティータ 第3番 ルール 
                   ジーグ

チャイコフスキー 交響曲 第5番
アンコール
エルガー    朝の歌

ソリストがハーンだったのでとても楽しみにしていたのだけれど、
直前にタメスティを聴いてしまった事もあり、一つの演奏会としては見劣りしました。
もっとも今日のだけでなく、とても巧いが胸に届いてくる程ではなかった他の数々の
演奏会も全部吹っ飛んでしまったくらいタメスティは衝撃でしたが。
今年はヌーブルジェ+ヤルヴィ、パリ管とタメスティが心に刺さって取れません。
こんなのは昨年の高周波音事件の時のアンデルシェフスキのシューマン以来です。

ハーンが今年2回目の来日をしてくれているのに、シベリウスも今ひとつ集中できず、
ようやくアンコールのジーグで「来た」、これは素晴しかったです。
ネルソンスの太っても着られる衣装はいいですね、もっと高い声かと思ってました。
チケット売り出し時は反応が鈍かったと思ったが、よくここまで売れ行きが伸びて、
演奏会としては成功したと言えるのだろうけれど。
あとサイン会というのは、演奏家の方達は本当の所どう思っておられるのでしょう。
c0188696_15241438.jpg

西宮北口 兵庫県立芸術文化センター
[PR]

# by aliana-up | 2013-11-24 22:11 | コンサート | Comments(0)