2012年 10月 21日

クリスティアン・ティーレマン指揮 シュターツカペレ・ドレスデン 

(続き)チャイコフスキーは今日の大阪でのプログラムが聴きたかったけど、
西宮でもあったので、ドレスデンと一日ずつ聴くことに。

ブラームス    交響曲 第3番

                 第1番
アンコール
ワーグナー    リエンツィ序曲

すばらしい。
世の中にはこんなに良いオーケストラがあるんですね。
3番3楽章の長調になる所などどこまでも沈み込んでいくようでした。
秋の京都でブラームスをたっぷりと聴いて、終演後外に出るとまもなく日没です。
今日も天気がよく美しい日でした。すごく悲しいです。
c0188696_2256810.jpg

チャイコフスキーのチケットは知人に行ってもらいました。
こちらも「すっごく良かった」とのことです。

北山 京都コンサートホール

               
[PR]

by aliana-up | 2012-10-21 22:58 | コンサート | Comments(2)
Commented by koyu320 at 2012-10-25 21:22
ドレスデンは生で聴いてみたいオーケストラ、いつか行きたいです。
僕のブロムシュテットは西宮です。同じだったらお会いできるかな。
Commented by aliana-up at 2012-10-28 21:43
koyuさん
ドレスデン、素晴しいオーケストラでした。機会がありましたらぜひ実演で。
私も西宮に行きます。開演前に入り口手前のあたりに居ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル      ウラディーミル・フェドセーエフ... >>